阪急箕面線
「桜井駅」徒歩2分

大阪府箕面市桜井1丁目7-20
宝メディカルビル2F

072-737-4660

WEB予約

気分障害

気分障害

うつ病・躁うつ病

うつ病

気分障害画像

こんな症状はご相談ください(うつ病の主な症状)

  • 何をするにもおっくうでやる気が起こらない
  • ゆううつな気分が続いている
  • 興味がわかず、楽しめない
  • 食欲が減退し、体重が減った
  • 食欲にムラが大きく、1日1食になっている。
  • 極端な運動不足で体重が増えた
  • 不眠、または睡眠過多である
  • 動作が緩慢になった、落ち着きがなくなった
  • 疲労感が抜けない、疲れやすくなった
  • 自分には価値がないと感じる
  • 思考力や集中力が減退しケアレスミスが増えた
  • 死について繰り返し考えてしまう
うつ病とは

誰しも日常生活のなかで気分が落ち込んだり、ゆううつな気分になったりすることがありますが、こうしたゆううつな気分の程度が強く、それが2週間以上も続いている場合、そのまま我慢せずに改善策を講じるべきです。

うつ病の治療

心の病気の治療全般において規則正しい生活の実践が重要ですが、特にうつ病をはじめとする気分障害においては最重要と言えます。軽症の場合はこれを徹底するだけでも改善しうるのですが、重症化すると規則正しい生活の実践自体が困難となります。
重症化したり、こじれてしまう前に、医療者との面接を通してご自分の生活状況、ストレス因子、心身の健康状態、認知行動様式などをモニタリングしながら、適切な助言を受けたり、薬物療法の提案を受けてみることをお勧めします。

うつ病をはじめとする気分障害の薬物療法には比較的多くの選択肢があり、患者さんの病状、体質に応じて使い分けます。通常効果が現れ始めるまで1週間~数週間かかりますので効果判定に即断は避けるべきです。
またうつ病は標準的な治療を受けていても再発しやすい病気であるなか、再発の主因として治療中断あるいは早すぎる治療の終了が無視できません。治療のゴール設定や出口戦略は慎重に検討していただければと思います。

躁うつ病

こんな症状はご相談ください(躁状態の主な症状)

  • 全身にエネルギーが満ち溢れているような気分
  • 全く知らない他人に対しても遠慮なく話しかけてしまう
  • 夜に眠らなくても平気でいられる
  • 相手が寝ている時間(深夜や早朝など)でも平気で電話をかけてしまう
  • 多弁で一方的に話し続けて、ほとんど相手の話を聞いていない。
  • 自分は組織や社会に大きな影響力を持っていると感じる。
  • すぐに気が散って、集中できない
  • よく考えずに借金をしたり、高額なものを衝動買いしたり、同じものを複数購入してしまう。
  • 性的に無分別な行動をしてしまう
躁うつ病とは

躁うつ病は、著しく気分が高揚する躁状態と、憂鬱で気が塞ぎ、何ごとも手に付かないうつ状態を繰り返す慢性疾患です。「躁」と「うつ」という正反対(双極)の心理状態を繰り返すので、双極性障害とも呼ばれています。

躁うつ病の治療

特に躁状態は患者さん自身が自覚できないことも多く、躁うつ病は治療開始が遅れたり、中断したりしやすい疾患です。躁状態が悪化すると、社会的行動上の問題が生じやすく、精神科病院への緊急入院が必要となることも少なくありません。また躁状態を繰り返すほどに長期的にはうつ状態の慢性化に結びつきやすく予後を損ねてしまいます。
したがって治療の勘所は、できるだけ気分の安定した状態を保ち、仮に状態が悪化してもできるだけ軽症の段階でくい止めることです。そのためには治療導入時における医療者からの丁寧な説明や患者さん一人ひとりの体質を考慮した薬剤の提案によって、安心していただく必要があります。
そして定期的、継続的な治療が必要となる分、医療者は患者さんの良き伴走者でなければいけません。

藤田こころのクリニック 概要

診療科目
心療内科 精神科
住所
大阪府箕面市桜井1丁目7-20
宝メディカルビル2F
アクセス
阪急箕面線
「桜井駅」徒歩2分
TEL
072-737-4660
WEB予約
診療時間 日祝
9:00-12:00
16:00-19:00
  • ●休診日:日曜・祝日
  • ※診療(受付)時間は、事前予告なしに変更させていただく場合があるのでご了承下さい。
    特に再診をご希望の方は電話でのご予約をお勧めしております。
  • ●言語療法:月~金曜日 午前中のみ
  • ※適宜、往診や認知症相談にも対応いたします。
    また常勤の言語聴覚士による言葉の相談、言語療法(原則、未就学の方)も行っております。